teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


中総体 2日目コメント

 投稿者:みっち  投稿日:2018年 6月22日(金)00時21分44秒
返信・引用 編集済
  コメントと言えども、日曜日は途中から見に行ったので、自分が見て感じたことを書きます。


日曜日は、2試合見たかったから、11時前くらいに会場についたら、すでに試合は5対7。

でも0対7から追い上げたのは、諦めずによく頑張ったのだなと思います。


さて、ここからの追加点にもフォアボールやエラーがからんでしまいましたね。

相手チームに打たれるのは、しょうがないとしても、

フォアボールやエラーは失点を最小限にするためにも、ないにこしたことはない。

ミスを少なくするのは、やはり基本の動作です。

日頃のキャッチボールから、相手の捕りやすいボールを投げるよう意識していきましょう。


気になったプレーは、ランナーを挟んだ時。挟殺プレーというヤツです。

挟さんでからは、投げる回数は少ない方がいいです。

できるだけ、ランナーを追い詰めてから投げます。

追い詰める方向は、ホームから遠い方です。

これは、万が一、タッチがセーフだったり、落球、暴投しても点数が入りにくくするためです。

追い詰めた過程で、ひとつのベースにランナーが2人になったら、

後から来たランナーがアウトです。分からなかったら、2人にタッチしましょう!!


打撃も後半は、フライが多かったようです。

自分は全く打てないので、打撃に関してコメントするのは大変おこがましいのですが、

相手チームの外野は、長打を警戒して、かなり後ろに下がっていたので、

大きい当たりでもフライだと、捕られてしまいます。

相手の守備位置もみながら、長打に頼らず、転がしたり、内野と外野の間に落とす打撃も

できたら、最強ですね。


最終的には、心技体のバランスだと思います。

絶対に勝つという強い気持ち、諦めない気持ち、チームメイトへの信頼感、

基本に忠実なプレー、自分の特性を活かしたプレー、

試合当日までのコンディションづくり、暑さに負けない身体。


市中総体の悔しさをバネにして、県大会へ向けて、頑張ってください。

県大会での活躍を期待しています!!



 
 

秋田市中総体 お疲れ様でした

 投稿者:みっち  投稿日:2018年 6月20日(水)00時21分55秒
返信・引用
  中総体、お疲れ様でした<m(__)m>

何があるのか分からないのが、中総体です。

なかなか思うようにはいかないものですね。

一ヶ月後の県大会へ向けて、気持ちを切り替えて頑張ってください。


中総体 一日目 コメント

久々にシートノックから、試合全部見れました。

初回のピンチを0点に抑えて、1回裏の10得点。

とにかく城南は打線がスゴイです。

あんなに打てるのがうらやましいです(*'▽')☆

点数はとれる時に、どんどん取るのが鉄則!!

ボールを見極めてフォアボールもたくさん選べていたし、

各バッター、バットが振れていて、長打もたくさん出て良い流れの攻撃でした。


反対に、取ったあとにすぐ点を取られるのは、試合の流れとしてはよくないパターンです。

10対0から、すぐに4点取られた時は、ヒヤヒヤしましたが、

ライトの好プレーでピンチをしのげましたね。ナイスキャッチでした(*^^)v

点差がある時は、ピンチになってもアウトカウントを増やすことが重要です。

チームの方針にもよると思いますが、3塁にランナーがいても、ムリに前進守備をせず、

1点与えても1塁でアウトを取って、「次の攻撃の芽をつむ」ということもアリだと思います。


取られた後に、またすかさず追加点がとれたことで、また試合の流れを引き戻せましたね。

ピッチャーの制球もよく、エラーもほとんどなかったので、全体としては良い内容のゲーム

だったと思います。

二日目のコメントはまた後日。




 

中総体 2日目結果

 投稿者:みっち  投稿日:2018年 6月19日(火)00時15分20秒
返信・引用
  取り急ぎ中総体2日目の結果。

もうひとつの準決勝は  山王 7 対 4 城東

決勝  秋田西 9 対 3 山王


日曜日は二試合見るつもりでしたので、準決勝、途中からしか見れませんでした<m(__)m>

城南の準決勝終わって、もうひとつの準決勝のスコアだけ写真に収めて帰ろうと思っていたけど

となりのプールの大会覗いてたら、もう試合が終わって結果も剥がされてしまってました…。


水泳の大会を初めて見たけど、淡々と次から次へとレースが行われるんだね。

全然名前は知らないけど、城南の子たちが頑張ってました。

水泳は相手というより、自分との闘いだな~と感じました。

ソフトボールの試合のコメントは、また後程に…。


 

中総体 1日目結果②

 投稿者:みっち  投稿日:2018年 6月18日(月)00時48分26秒
返信・引用 編集済
  1日目、こまち球場側。

2日目も少しだけ見に行きましたが、結果とコメントはまた後日更新します<m(__)m>

 

中総体 1日目結果①

 投稿者:みっち  投稿日:2018年 6月18日(月)00時46分31秒
返信・引用
  中総体、お疲れ様でした。
とりあえず、試合の結果を。

 

中総体 組み合わせ

 投稿者:みっち  投稿日:2018年 6月12日(火)23時59分21秒
返信・引用
  先日、コーチより組み合わせ頂きました!

いよいよ今週末は中総体ですね。

多分、見に行けると思います(^^♪

普段の練習はウソはつきません。

実力が発揮できるように頑張ってください!(^^)!

 

矢島大会 祝 優勝!

 投稿者:みっち  投稿日:2018年 6月 5日(火)23時25分40秒
返信・引用 編集済
  矢島大会、優勝おめでとうございます(^^♪

コーチから結果教えて頂きました!!

中総体もこの調子で頑張ってください。

多分、見に行けると思います!!


また、春季県大会の最終結果も秋田県ソフトボール協会のホームページから掲載させて頂きます。

 

遅くなりましたが・・・ 春季大会 結果

 投稿者:みっち  投稿日:2018年 6月 3日(日)23時42分30秒
返信・引用 編集済
  随分子日にちが過ぎてしまいましたが(;^ω^)、春季大会県大会の初日結果です。

一回戦、勝利おめでとうございます。


そして、6/2・3、昨日・今日は秋田県中学校ソフトボール矢島大会が行われていたようですね。

こちら↓を見て知りました。

(秋田県ソフトボール協会小学生委員会 様 Facebookホームページ)

準決勝も勝ていたようなので、決勝はどうでしたでしょうか?


昨日は、インターハイのソフトボールを見てきました。

城南卒業生たちが、頑張っていました(^^♪

 

春季県大会 組み合わせ

 投稿者:みっち~  投稿日:2018年 5月17日(木)22時12分51秒
返信・引用
  秋田県ソフトボール協会のホームページに、組み合わせが出ていましたので、掲載させて頂きます。

見に行きたいのだけれど、姪っこの運動会と仕事があって行けません(  ;∀;)。
頑張ってください!

お天気が心配ですね。
気温も上がらないみたいなので、寒さにも気をつけてください。

 

春季大会を見ての感想

 投稿者:みっち  投稿日:2018年 5月 1日(火)23時51分54秒
返信・引用 編集済
  土曜日だけ、試合をちょこっと見に行けましたので、その時感じたことをいくつか。

あくまで個人手的な感想ですのでご了承ください<m(__)m>


たまたま見てた時が、そういう打席が多かったのかもしれませんが、
振り遅れの当たりやフライが多かったように思います。
打撃が良い選手が多い印象ですが、「打てない」時は試合中での修正力も試されます。

相手のピッチャーが、急速が速い、自分が振り遅れていると感じた時は、
一般的な方法としては、バットを少し短く持って、コンパクトにスイングする、
バッターボックスの一番後ろに立って、ピッチャーからの距離を長くとるなどがあります。

自分が見ていた時は、降り遅れていても、バットを長く持っている選手も見受けられたので、
自分で試合中に工夫する柔軟性もあった方がいいかと思います。

土曜日の2試合目は、フライが多かったように思います。
相手チームの守備の状態にもよりますが、フライは野手が一人で捕球したらアウトです。
それと比べて、ゴロは、野手が捕る → 投げる → 捕る という3つの段階が生じます。
ミスが出る可能性も高くなります。
ランナーがいる時は、特に最低限、進塁させるという意味でも、
自分がアウトになったとしても、ゴロを打てることが重要な場面もあります。
外野オーバーの大飛球も確かに魅力的ですが、内野の間を抜く鋭いゴロも大切です。

キャッチャーは、バント処理やファールフライ、ホームのクロスプレーの時は、
絶対に素早くマスクを取った方が、視野が開けてミスが減ります。

「次の塁を常にねらう!」という走塁の意識をもつ。
1試合目、2死2塁の場面で、内野フライがエラーにより出塁。
ツーアウトなので、2塁ランナーはスタートしてOKなので、ホームを目指していたら
多分1点が入っていた場面でした。
2死の時は、2塁ランナーは一気にホームに帰ってくる気持ちで、
打者がアウトになりそうでも走塁してください。何かが起きれば、得点が入ります。


あとは、攻撃が終わった後、全体的に守りにつくのが遅いように感じます。
打者や走者、打順によってはキャッチャーはすぐに守備にはいけないとこもありますが、
それ以外の野手はすぐに行けるはずです。
攻撃時に、ツーアウトになったら準備しているくらいが稠度よいと思います。
守備への気持ちの切り替え、心の準備を整えるのにも、攻守交代はスムーズに行えた方が
絶対によいです。
審判のジャッチに影響があるとは、言えませんが…、審判への印象も良くなります。




 

レンタル掲示板
/36